おすすめ

2018年6月22日金曜日

Coming Soon…

WF2018S
ワンフェスの許諾は来月になりそうなので予告だけ

1/12 Scale
◆荒ワシ師団長
◆ドクロ少佐
◆隊長ブランク
(仮面ライダーストロンガーより)

1/15 Scale
◆クラゲロン&サイダンプセット
(スカイライダーより)

◆朱ムカデ&青ワニセット
(キカイダー01より)

2018年6月17日日曜日

本命登場!

Twitterでは版権通知が来たとか聞くけど
こっちは北海道&日曜は郵便配達も休みなので明日には届くかな?

で、前回のBlogで見る人が見ればバレバレだけど
次のネオショッカー怪人はコレ!

旧1号路線を引き継いだゼネラルモンスター編から
怪人も”ジン”が取れて旧2号風になった第2期
スカイライダーの魅力はやっぱり客演ライダーとコンビ怪人!
その路線の皮切りになったこの怪人
当時予告を見てあの足はストロンガーだよね?と心躍らせたものでした。

お気に入りの怪人なので気合を入れて作成
相棒はもちろんアイツとの2体セット!

ガンジーガンジー…

2018年6月14日木曜日

透明な線を求めて

本申請の結果はまだ来そうも無い&ネタも無いので素材探しの話


次の怪人、ある所に半透明のヒラヒラ?触手?みたいなのが何本も付いてて
これをどう表現しようか悩んでた訳で。
直径1ミリ以下、できれば0.5ミリ位の紐状なのでレジンで再現は無理、
プラ棒入れて伸ばしランナー作ってねってやろうと思ったけど
太さは揃わないし意外と透明のプラ棒って手に入りづらいんですよね。

そこで目をつけたのが釣り用のテグス
でもコレ、素材がナイロンなのです。他も多くがナイロンやポリプロピレン。
どっちも塗装や接着が面倒で形も付きにくい。
出来れば瞬間接着剤やエポキシ系でくっつく素材は無いものか?
光ファイバーとかも見たけど硬かったり接着できなかったりで断念。

で、あちこち探し回って文具店でやっと見つけた透明な線、しかも素材はABS!
ガンプラのフレームと同じで塗装接着もできるし曲げたら簡単にクセも付く!
って事で大量購入。
次のキットにはこの線が付属する予定なので
適当な長さに揃えて接着してもらえればリアルさ倍増間違いなし?


本申請を待つパーツ達
割り箸にガムテープ丸めてくっつけてサフ吹いてます

2018年5月29日火曜日

東映怪人2017年版販売終了

ワンフェス2017夏で販売した東映怪人ガレージキット
全て販売終了になりました。

購入いただいた皆様、本当にありがとうございました!

2018S新作申請中!
ご期待ください!

:

特撮アクトは通販中!
こちらから

2018年5月21日月曜日

ワンフェス2018夏本申請完了

何度か書いてますが本blogやSNSは写真含めてシェア以外の転載禁止です。
(転載の意味がわからない人はググって貰えば良いのですが
自分のSNSやblog等に勝手に画像をコピーするなよ!って事です)

まだこんなの申請中ですってだけで、本人すらどうなるか解ってないのですから…



余裕持ってやろうと思いつつ毎回ギリギリになる本申請。
それでも何とか全部終わらせたのが2週間前。
そろそろ版元に発送された頃?

Twitterにも載せてたけどここでまとめて掲載。

まずはキカイダー01怪人(ロボット?)第2弾
当然次はこれなんでしょ?って予想通りの1/15スケールで2体。

どっちも資料が少ないんですよね。テレビ準拠で作ってますが
倉庫群での撮影会スチール写真はムカデのグローブが短かったり
ワニの手首も違ったりと騙されやすいのです。


去年12月の時点じゃこんな感じだったデルザー怪人


半年盛って削って繰り返してやっとここまでの状態に
でっかい鎌を持った姿は死神っぽくてお気に入り。


腕の網タイツも綺麗に出た気がするワシの人



残りは…
デルザー怪人とネオショッカー2体セット
随時公開していきますので約1ヵ月後本申請の結果を祈ってください(笑)

2018年5月7日月曜日

網タイツの誘惑(非18禁)

デルザー怪人を作ろうと決めた時、各怪人で必ずと言って良い程
ココをどう造形処理しようって難関部分があるもので
鋼鉄参謀の肩のパイプとかリベット、ドクターケイトの頭とか…

で、今回申請したワシの人も難関揃いで、やっぱり一番は網タイツ。
大きめのドールなんかは専用のがあったりするけど、今回は1/12と微妙なスケール。
これより小さければ省略して塗装やデカールで頑張ってと逃げ方もあるけど
このシリーズは出来るだけ再現したいので頑張ります。


子供の頃模型誌で初めて見たアミタイツの作例を引っ張り出して見る。

ホビージャパン1982年12月号よりプラモ改造ラムちゃん
同じく1/12スケールだけど、これはガーゼを貼って作ってましたね。

ガンプラブームが一段落して時代はダグラム、マクロス、ザブングル
アラレちゃんのキャラメルマンのキットが出たり
SF3DはSAFSが初登場だったりと自由で面白い時代でしたねぇ。
(あれ?今も同じコンテンツのキットが出続けてるぞ?)


一昨年デルザーやろう!って決めた時からずっとこの表現をどうしようか考えてて
網タイツは凸モールドなので原型彫り込んでモールド入れる訳にも行かず
やっぱりこれは何かを貼るしかないと言う結論に。
ガーゼは目が細かすぎなのと複製前提には向いてないなーって訳で
網戸、みかんのネット、虫取り網等々素材を物色。
結局手芸をやってる姉が持ってるレース(チュール)から
ちょうど良いのを漁って譲ってもらいました。


これをシアノンで強引に原型に接着。
オーバースケール気味の気もするけど雰囲気は出たのでは?

2018年4月25日水曜日

武器とかディティールとか

 今日無事に予備申請許諾!
が、自分がワンフェス参加して以来こんなに遅いの初めてじゃ?

本申請締切まであと2週間を切ったので、細かい部分の作り込みの紹介とかでも。


武器類

デルザー怪人には各怪人毎に手持ちの武器があります。
当初から魔人の円卓でグラス持ちと武器持ちのコンパチをコンセプトにしてるので
面倒だけど作ります。

硬い武器類はプラ板とポリパテなんかでキッチリってのが一般的なんだろうけど
最近は削るの楽で形出し易いファンドで作ってます。
ファンドは乾燥時にかなり縮む&曲がるのでプラ板等で挟みつつゆっくり乾燥。
結構綺麗な平面が出来ます。

左右対称の物なんかは原始的だけど紙を半分に折って切ればあっという間。
薄く伸ばして半乾きの時に型紙に合わせて切って行きます。


装飾とか

ドクロの人は昔の軍人の衣装、肩にはエポレットと言われるヒラヒラの飾りがあります。

これをパテで作るのは厳しいか?と思い色々素材を物色して結局0.5ミリの糸を使用。
これを1本ずつ肩に接着して行くのですが、糸によっては切った所がボソボソになるのもあるので、結構硬いものを使ってます。

腕の部分の装飾は0.7ミリの物を。こっちは曲線が多いので柔らか目のものを。
ここに辿り着くまで何種類も糸を買って試行錯誤したので
なんとか上手く行って一安心。

お!カッコいいぞ!(自画自賛)