おすすめ

2019年1月27日日曜日

Mr.クレイハードタイプを試す

年明けに買ったMr.クレイハードタイプ

ファンドに変わる素材になるか?って事で
これだけで何か作ってみようとチャレンジ。


ファンドと比べるのもどうかと思うけど同じ石粉粘土って事で比較。
最初に結論から言うと
ファンドでもスカルピーでもエポキシパテでもそれぞれに特徴があって
長所短所もそれぞれ。
さらに大きな要素に「慣れ」って言うのがあって
その要素を抜いてのレビューは難しく
結局慣れた方が良いって事になってますが、その辺はご了承を。


柔らかさ
ハードタイプって言うからしっかり硬いかと思いきや
ファンドより柔らかいのに驚き。
なので細かい部分を作ろうと思うとコシがなくヘナっとなる感じ。

伸び
柔らかい分ファンドより良く伸びます。
マントとか芯に薄く粘土被せて表面処理に向いてるかもしれません。
ヘラを押した感じはファンドとそう違いはないです。

盛り足し
これもファンドとは違った特徴で
乾燥した部分に盛り足そうとした場合、そのままじゃまず付かない。
当然ファンドも剥がれ易いけど、それより顕著。
どっちも下地に水付けてから盛るんだけど
ファンドよりも水の吸収が悪く表面が水を弾く感じ。
そしてぬるっとするのです。
なのでファンドの感覚で水つけて盛ると、その部分が滑って付かない。
わずか数秒なんだけどその間指で慣らしたり染み込むまで待つので
作業効率がちょっと引っかかる感じに。

削り
柔らかい分だけ乾燥後は軽くて削りも柔らかい。(密度が荒いのか?)
ナイフでザクザク削るのは楽。

作業の合間にここまで作ったところで挫折…


結果使いながらも、うーん、ファンドに戻りたいなーって思う事多数。
最初に書いた慣れの部分が大きいけど
それを差し引いても今後ファンドからこっちに変えよう!
とまではならないのでした。

(いや、最初からこれしかない、これだけ1年も使ったら良い素材だと思いますよ。っとフォロー)

2019年1月15日火曜日

寄り道いろいろ

成人式も終わった頃に今年最初の投稿ですが
本年もよろしくお願いします。


冬ワンフェスまであと1ヶ月切ったとか見たけど
夏のアイテム選定まであと2ヶ月、本申請まであと4ヶ月しかない。
その割に出すものは決まってないし原型は進まないし困ったもんだ。

そんな焦りとは裏腹にやってる事と言えば…


表面処理に煮詰まった岩石の人の
後ろに並べて見たくなって部下を作ってみる。
ん?後ろの人の方がカッコいいぞ?

デルザーの魅力の一つ、怪人毎の専用戦闘員!
楽しいよねぇ。


あとデルザーと言えば謎の奇岩山とかも!


Mr.クレイ(ハードタイプ)
こっちは試しに買って見たクレオスの新製品
何かちゃんと作ったらレビュー書くけど
とりあえずざっくりお試し造形


触った感じはハードタイプなのにファンドよりも柔らかい!

その分よく伸びてボソつかないけど、水付けると結構ぬるつく。
削った感じはファンドと同じかな?
芯よりも表面仕上げに向いてる感じかも?