おすすめ

2015年12月30日水曜日

2015年もあとわずか

2015年も終わりますねぇ。
明日の今頃は紅白も終わってると思うと早過ぎ!

冬ワンフェスまであと40日弱ですが、ここで複製は完了。
残るはサンプル塗装にパッケージとか説明書とか・・・
まぁ、夏はこれらの作業は数日しか無い中やってたんで、余裕〜(?)

初のウルトラ怪獣、売れるか???なので数は控えめ。

ババルウ星人
パーツ割りもシンプルにこんな感じ+トゲ30個!

ゼブンガールズもシンプルに2パーツづつ。


今年を振り返ると…
夏ワンフェスは暑かった!とにかく暑かったしかない!!(笑)
それでも無事11体ものライダー怪人を出す事が出来ました。
こんな大量高額になったにも関わらず、
お買い上げ頂いた皆様、本当にありがとうございました。
また、blog見てくださってる皆様、お付き合いありがとうございました。

良い年をお迎えください。

来年はちゃんと怪人造形に戻りますのでヨロシク…

2015年12月15日火曜日

表面処理と粘土埋め開始

うゎ、気づいたら半月以上Blog放置してる・・・
ワンフェス造形関係は地道に進めてるので、Twitterにアップした画像も纏めて更新。

前回ボカシだったコレ
アトランタ星人
サフ吹いて、細かい傷削って、パテ盛って、更に磨いて、サフ吹いて…
の連続。
ファンド原型って、いかに下地の段階で綺麗に仕上げるのが勝負!
一旦サフ吹いちゃうと水研ぎが出来なくなる&強く削ると下地が出ちゃって
再度サフ吹いてもその部分だけざらついた感じになっちゃうのです。
・・・っとは十分解ってるのに、細かい傷は溶きパテで良いか…
ってサボって、表面処理に時間がかかっちゃう始末。

大きいの2体分は大変!
これで4回目位のサフ吹き。モールド埋めない様に細心の注意。


で、ここでもう後悔無し!って所で粘土埋め開始。

大きいけどブーツで分割したく無かったんで、全身一気に型取り。
本当はアンダーフローが良いんだろうけど、シリコン食い過ぎるので、
上下逆さまにして左足からレジン流して右足に抜ける様に。
上手く行きます様に!

2015年11月26日木曜日

©コピーライトを入れなきゃ

WFから当日版権の書類が届きました。

今まで東映さんだけだったので、通常(?)の1日版権は初体験。
本申請はもう通ってるし、パッケージの監修も無くて
サンプルは当日で良いのでスケジュール的に凄い楽!

が、「著作権表示は商品組み立て後、隠れない場所に刻印
との表示が。
でもガシャポンサイズはわずか7cm、どうしよう・・・
あらかじめ台座に入れたりする人も多い様だけど、
本申請の写真に入れてないものは商品に入れられない(ハズ)

って事でとりあえずエポパテにスパチュラで書いてみるが、酷い…(上)

色々考えてスタンプを作成、幅1cm位(中)
コレを原型にパテ盛ってペタペタ(下)
お?なんだか本家のガシャポンっぽくなった気が(笑)


複製前に部屋を大掃除、ついにディスプレイケースを導入。

元々コミックラックなんだけど、薄いしガラス戸付いてるんで展示用に。
2個セットだったんで4段x2列x4体x2個
計64体並べれるんで、スカイライダー怪人コンプまでバッチリさ!



2015年11月11日水曜日

ワンフェス怪獣本申請、無事許諾

本申請も終わって1ヶ月
のんびりしてたら、なんともう「許諾」の文字が!
早っ!

まだ全然表面処理終わってないけど、もう複製開始出来るのか!
夏の怪人の時は1日単位で勝負だったけど、
円谷版権はまだ3ヶ月も前、こんなに余裕があるとは…
(逆に間延びしない様にしないと)

って訳で、改めてお品書き
・1/24(ガシャポンサイズ)ウルトラセブン星人4体セット
■ポール星人 マゼラン星人マヤ アンドロイド少女ゼロワン サロメ星人

・24センチサイズ ババルウ星人(ウルトラマンレオ版)
・24センチサイズ アトランタ星人(ウルトラマンレオ版)<NEW!!>

A星人はアトランタ星人でした。
(表面処理と微調整前なんでボカシで)
これも今までWFとか立体じゃ見た事ないよなーって事で。
ポーズは似てるけど、芯から別の原型です。

2015年10月29日木曜日

【番外編】バンダイ1/12ボバ・フェット(ジェダイ版)

ワンフェス本申請締切が10月14日、
そこから2週間は版元さんへ届かないらしいので、しばし模型の世界へ。

今回はバンダイ1/12ボバ・フェット。


初登場の帝国版の時はグリーンベースの地味な色だったのが
ジェダイ版では今回の様に派手なカラーリングに。
一説によると元々この派手な方はプロトタイプの色で、ケナー社がこれを元にトイ化、
が、実際の映画に出たのは地味になっててトイと違う?って事で、
その後トイに合わせて戻したとか、そうじゃないとか。
マニアの方はボバは帝国版しか認めん!とか、
ジェダイ版は酷い出来!と言う人もいますが、
自分は割とこのカラフルな塗装も好きなのです。
で、バンダイのキットはこの帝国版をモデル化。
そのまま素組して色塗って…って言うのが
つまらないと思っちゃうのがモデラーのサガって奴で
色以外も微妙に違うジェダイ版への改造となりました。



外見の違いは大きく4箇所
 
①左右の腰のポーチは真ん中に。写真によって8〜9個位なので複製
②ポーチ下のポケットの部分を慣らして、左手のカバーを作成
③銃身は太く、この後伸ばしランナーで凸モールドを付けます
④ズボンの裾レギンス?っぽい部分をエポパテで追加
マントはボロボロさを出すのにペーパータオルに接着剤染み込ませて自作してます。

塗装は細かいので筆塗りで。
スーツはケナーのトイっぽく、帝国版より紫寄りに
バックパックの塗装は超面倒・・・マスキング無しでフリーハンドで塗ってます。

あとは目玉のハゲチョロ塗装。
最近はヘアスプレーの上から塗装して、傷つけて剥がすのが流行ってる様ですが、
地道に面相筆でチマチマ塗り分けてます。
それっぽくなると結構楽しいですよ。


色の違いを比べるのに、ハズブロ6インチブラックと比較。
 
苦労して塗装しても、こう見ると完成品トイとそう変わらず(汗)

:

【宣伝】

ワンフェス2015夏のネオショッカー怪人
YAHOOオークションでも販売中です。
よろしく。


2015年10月18日日曜日

セブン・ガールズ

ウルトラセブンには敵味方多くの女性が登場します。
真っ先に出るのはアンヌ隊員でしょうけど
ダリーの入り込んだ松坂慶子とか蒸発都市の真理アンヌ
ピット星人も女性だし、人間型の宇宙人も多数。

その女性宇宙人、一応○○星人なんて名前が付いてるけど、ただの人。
怪獣図鑑に載らない事多数で、まぁ立体化もされないですよね。
東映さんは素顔キャラに厳しいですし、
もちろん俳優さんの著作権肖像権?なんかも絡んでるんでしょう。
でも、円谷怪獣は結構ガレージキットで見かける事も。

…って訳で、1/24、ガシャポンサイズは名付けてセブンガールズを申請。
ワンフェスは一般では売られない、それでも欲しい人の為の物だから‥
更に怪物ばかりじゃなくて、一度女性フィギュアも作ってみたかったのです。

ウルトラセブン星人
サンプルで色塗ればもっと似るハズ!ってのと
こっちは申請結果も???なのでシルエットで。
左のはドールやソフビ、右のはかなめさんが過去にワンフェスでキット化してたけど
真ん中は今まで見た事無いので、多分初立体&初キット化?

最近は1/20マシーネンとかリアルなレジンフィギュアが売ってたりしますが
あれはホラ、超上手い人が作ってる訳で、
こっちのはあくまでも8センチ「ガシャポン」の延長線上って事で温かい目で…

で、ただの女性フィギュアだけのセットじゃ余りに何コレ?なので
ポール星人を足した訳です。(笑)
(写真がなんだか3DCGっぽいな…)

2015年10月13日火曜日

ババルウ星人本申請完了

ワンフェス本申請締切1日前
24センチのババルウ星人(ウルトラマンレオ版)完成。
結果前だけど原型公開!

ババルウ星人


ディフォルメ無しでなるべく着ぐるみに忠実に、
でも野暮ったい所はちょっとだけ削ってカッコ良く。
今までガレキでは見た事無いんだけど、どっか出してたのかなー?



恥を忍んで1ヶ月前の状態…
頭はデカいし、ポーズに力は無いしどうしたもんかと思ってた時。
3年もやってて一発で思った形にならないのは相変わらず。
それでも初冬ワンフェス、初ウルトラ怪獣、初24センチで
良くぞ形になったもんだと自画自賛。
プレッシャーと締め切りが作品を作るのだ!


残りはA星人とガシャポンサイズのセブンの星人。
こっちは本申請通ったらかなー?

2015年10月11日日曜日

ガシャポンサイズとは?

ワンフェス用の原型、24センチサイズの大きいの作ってたけど
急に極小の1/24サイズの作業に。

なぜ1/24かと言うとガシャポンが8cm位で便宜上のスケール、
HGガシャポンのセブンの星人がいくつか抜けてて
「完全補完」を目指して予備申請したら通ったので仕上げにかかります。

ところがこのガシャポンサイズってのも厄介で
多分原型師も違えば大きさも違う!

同じ隊員、ハヤタとダンでこんなに大きさが違うなんて…
しかもダン頭大き過ぎ、って言うか体が小さ過ぎて酷いな…
もう、これは悩んでもしょうがない!って事で、一応ハヤタを基準に。

で、申請前に作ってたランナーを炙ったのにパテを盛りつけ。 
ポール星人
非人間型で形が出しづらかったけど、足がセクシーです。
バランスは難しいけど、モールドは少なくライダー怪人より楽?



腕を付けて肩や顔の細部調整してダンと記念撮影。

ガシャポンサイズは他に3種の計4体セットで販売予定です。
本申請が通れば、多分今までガレキでは見た事のない
怪獣名鑑でも出てない、初立体化(?)の星人が含まれるかと。

あと4日…

2015年10月5日月曜日

本申請〆切まであと10日

気が付けば明日からワンフェス冬の本申請、〆切まであと10日。
予備申請は前回のblogの直後9月中に無事全て許諾に。早い!
先週全く作業してなかったりするけど、
年2回となるとペースも早い!

本申請後にも修正が入る東映さんはガッチリ作り込まないとダメだけど、
円谷さんは軽くサフ吹いた程度で良い?(甘い?)

それでも全パーツくっつけて写真撮らないとダメな訳で
あと10日で大小合わせて計6体の仕上げにかかります。


…っと言いつつ、未だにリベット打ちぽちぽち。
今回は大きいのでスウェットスーツの脇とか腰辺りに出る
ダボッとしたシワなんかをよりリアル目標にしたけどどうでしょ?

:

さて、10月5日はスカイライダー放送開始日、今年は36周年。

VS ガメレオジン
本申請終われば2ヶ月は空くハズなので、その後怪人に戻りますよ。

2015年9月24日木曜日

リベット色々

シルバーウィークも終わったけど、当然WF予備申請の結果はまだ。
円谷さんのスケジュール感はわからないけど、
WF入金締切の月末に出たとしても、本申請開始まで1週間。
結果待ってる暇無いので進めるしか無いのです。

で、今回はリベットの話。
ババルウ星人にはトゲの他にリベット(鋲)が打ってます。
伸ばしランナーを差し込んで、線香で炙って…なんて昭和な方法もあったけど
今は色々便利な物があるので物色
①100均のラインストーン:約2.5ミリ
②100均のメタルスタッズ(ネイル用):約2.1ミリ
③wave Rリベット:大きいので約2ミリ、次に1.5ミリ
④虫ピン:頭部分が約1.6〜1.7ミリ

最初は②のメタルスタッズが良いと思って何個か植えたら、大きい・・・
わずか0.数ミリの違いだけどなーと思いつつ、
waveのも何かしっくり来ないので、結局昔に買ってあった
④の虫ピンの頭を使う事に。

でもコレ、結構大きさがバラバラで近いの揃えるのも一苦労。

とりあえず、腕の部分に付けてみて確認。
まぁ、こんな感じかな?
他の武器、右のカッターと左の鎖分銅も作って腕部は完成にします。


ワンフェスも前回位から結構落選するとかの話を聞いてたけど、
冬はなんとあの、かなめみおさんが落選だとか!
怪獣でも怪人でもキーになるディーラーさんが落ちちゃうなんて…残念。

自分は次回の冬で4回目、夏に落ちたら東映さんは更に1年後、
2年待って原型が溜まっても先に複製貯めが出来ないからなー。
こればっかりは祈るしか無いのかなー?

2015年9月12日土曜日

トゲ、再び…

ワンフェス2016冬当選の安心もつかの間、
あと1ヶ月後には本申請なので夏より若干短め?
原型もスピードアップしないと、と言う事で細かいパーツも作ります。

B星人…予備申請の結果もまだだけど、ええい、もう面倒なんで
ババルウ星人
結構パンクっぽくて、肩とか腕にトゲがあるんですよね。
またトゲの悪夢再び・・・
今度は大きめだし、ザクのスパイクなんかでどうだろう?って思ってたんだけど
よーく見ると、これまた円錐じゃなくて四角錐。

また100均で色々探してみたけど丁度良いパーツは無く、
結局プラ棒削って→おゆまるとレジン複製と地味な方法で作成。

左右計30個も要るんで、面倒ー。

ババルウ星人
ざっくりな頭部を付けて様子見。。。
来週中にはケリ付けて、もう一体やらないと…

2015年9月9日水曜日

WF当選とネタ被りの恐怖

ワンフェス2016冬、当選しました。
”怪人の”新作は無いですが、冬も来られる方々どうぞよろしく。

さて、ここで最も気になるのはネタ被り。
夏のスカイライダー怪人は、まぁ、もう3年やったし
この数十年誰もやらなかったマイナーアイテムなんで
被る心配はそう無いんだけど、今回はウルトラ怪獣。
作ってる人はライダー系の数倍はいるんですよね。

もう、ここでディーラーカットにアイテム出しちゃう余裕の無さ。
(今回一人参加です。ヘルプしてくれる人探さないと…)
WF2016Wディーラーカット
・・・っと思てった矢先、某ディーラーさんから連絡を頂いて
同じサイズのを申請したとの事。
え!?っと背筋が寒くなったけど、幸いバッティングは回避。
とは言え、ちょっとやろうかなー?って思ってたけど
今回は見送ってたアイテムとガチ被り。
いやー、ニアミスでも怖いっす・・・

他のディーラーさんとも被らない事祈るのみです。
(でも皆ギリギリまでアイテム発表しないんですよね(汗))



試行錯誤中の原型
プロポーションの迷路に迷い込む…
カッコ悪いんだけど、何処をどうすれば良いか見えず…

それから盛った削ったの10日後…歪んでるなー
今流行の幕末風で
かなりメジャーな星人だけど、ガレキで見た事無いから…
と安易に申請したけど、
ウエットスーツ着てる姿って難しいのなんの。
体のラインも消えるし、シワやモールド少ない分逆にごまかしが効かない。
ウルトラマン系原型作ってる人って凄いんだなーと再認識なのです。

2015年8月29日土曜日

8月イベント色々

北海道も8月は一応夏休み期間、
前に書いたHME2015以外にも色々イベント、展示会行ったのでまとめ。

まずは実写版パトレイバー、イングラムのジャッキアップ。
郊外のイオンでやったんで人も少なくて写真も撮り易かった。
実物は結構デカイですが、お台場のガンダム見ちゃってるんで…
でもコレ札幌まで来たのは快挙ですよ。


次にスターウォーズ展。
前にも札幌でやったし、上野も見に行ったんで多分3〜4度目?
こっちは全て撮影禁止、入り口のベイダー卿だけ。
(…って、これも展示用のレプリカですな。)

予想通り東京のでっかいデススターも無くて”アート”ですから感。
個人的にはイメージアートとか、ファンの作家が書いた絵画ってのは
全く興味無くて、ええい、撮影時のプロップを出さんか!って感じでした。


最後にガンプラエキスポ2015札幌
珍しくちゃんとガンプラを見せる綺麗なディスプレイと
これまた珍しく札幌の会場発表の新製品。
キュベレイとティターンズMk2
他の写真纏めたのはこちらに。
会場の出口には川口名人が!

世代的には”名人”じゃなくてストリームベースの川口氏。
今となっては商業原型師とか模型誌用のプロなんて人も多いけど
HOW TO BUILD GUNDAMの衝撃は強烈すぎて
未だに誰も超えれないと思うのです。

ワンフェス時の伊集院光氏とか、今年は有名人に会うなー。

2015年8月27日木曜日

ワンフェス2016冬、ウルトラ怪獣への道

ワンフェス2016冬の申し込み締め切り日。
悩んで悩んで初のウルトラ怪獣で参加申込しました。
年1度だけだと期間が長く間延びするのと、
やっぱり締め切りがあった方が腕も上がる?って事で。


怪獣と言ってもゴジラ型や四つ足恐竜型は全くの未経験、
そこで怪人と似てる人型の星人としました。

夏のワンフェスで見たガシャポンサイズが良いなー
って思ってたんで1/24スケールで。
(なぜか今までWFで見かけてないし)
とは言ってもウルトラHGはセブンまではコンプ済み。
でも本当にコンプ・・・してるのか?って事で、
その隙間を埋める如く、マイナーな星人達を作る事に。
まずはお得意のランナー炙って骨組み
早速人型じゃないけど、これクリアーの小ちゃいのしか出てないし…


ここでふと申請して通るのか?との不安が…
ウルトラの許諾基準は解らないけど、素顔キャラもあるし…
これでNGだったら、夏と同じ怪人並べるしかなくなる…

そこで保険の意味も兼ねて何か別の単品も。
大きいのはハードル高い…って思ってたのを考え直して
24センチサイズでファンド芯を作ってみたら結構良いサイズ。
ええい!じゃぁ2つ並べた方がインパクトあるからやったれ!
と、また懲りずに強行スケジュールを立てたのです。

A星人とB星人
こんな形になってない状態で予備申請したのは初めて。
大丈夫なのか???

そして、年内4ヶ月程は星人工房になりますが、変わらずお付き合い頂ければ。


2015年8月22日土曜日

北海道モデラーズエキシビジョン2015(HME2015)見てきた

毎年札幌でやってる北海道モデラーズエキシビジョン(HME)を見てきました。

相変わらず卓の上に所狭しと並べられた作品の数々。
(通路が狭く人も多くて、もう見てる方がヒヤヒヤ)

そんな中で独断で目についた作品を紹介。

まずは特撮系から

次にキット発売効果か多かったスターウォーズ系
新旧スピーダーバイク並んでるの見たのコレが初めて。

次にダグラム系

あれ?どっかで見た事あると思ったらMAX渡辺さんの作例が
マシーネンなんかも
 やっぱり多いのはガンプラ、MG誌の作例に出てたものも。


最後にマッドマックスっぽいの


載せきれない写真も纏めて大きめなのはこちらに。

こうやって一度に多くの作品見れるのは良いですね。
自分も何か作らなきゃ!って刺激を貰いました。

今回は2会場でしたが、やっぱり狭い…

2015年8月19日水曜日

メガ恐竜展

もう結構過ぎちゃってるけど、ワンフェスの翌日行ったメガ恐竜展の写真とか。

去年同じく幕張メッセでやってた宇宙博
広い会場に大量の資料、平日で空いてて満足だったんでどうかな?

・・・っと、思ったら、夏休みの子供でいっぱい。
しかも先着順で化石貰えるとかで午前中でもいっぱい。
会場も狭くてとにかく記念写真撮りたい親子でいっぱい。

そんなわちゃわちゃした中、1時間弱で1周見回った感じ。

入っていきなりのでかい恐竜、首が動いてます。

 
展示が1個づつじゃなくて、とにかくいっぱい並べましたって感じ。



確かに大きいから写真には納まらず…


ラフレシア

ワンフェスと同じ日だったし、恐竜と言えば海洋堂って感じだったけど、
コレには絡んで無いみたいでした。

今週末は毎年見に行ってるHME
モデラー成分をたっぷり吸収してきます。
(あ、いい加減スターウォーズ展も行かないと…)